出会いのキセキ

Kis-My-Ft2、Snow Man、Travis Japanを応援するジャニヲタの日常( ´ ▽ ` )ノ

& say(遠征)~ナゴヤドーム編~

皆さんのレポートを読むとすごく映像が浮かんで、私も文章に残したいなって思うけれど、ボキャブラリー不足でありふれた言葉しか思い浮かばず、ただただ残念な件。
しかし、ナゴヤドームは初参戦で、名古屋に降り立つのも20年振りくらい。
とりあえず何か書きたくて、遠征日記を残すことにした。
ライブレポートゼロ、どうでもいい道中レポと私的感想100%でお届けいたします。
ただの日記ですが、一部内容に触れる部分もあるので、ネタバレがちょっとでもNGの方はここまでで。


■名古屋までの交通手段
今回は関東圏より、7/9(土)日帰りコース。
往復の新幹線代と、名古屋駅構内の売店で使える3,000円分のクーポンが付いて16,000円というお安いパックを利用。
行きは東京発6時台の新幹線しか選べないことが難点だが、グッズ列に並ぶなら朝早いのは想定内なので、かなりのお得感。
8時半には到着し、ヲ友だちの到着までに少し時間があったため、早速3,000円分のクーポンでお土産を購入したが、改札内にコインロッカーがなく、1日重たいういろうを持ち歩くハメになった。
お土産は帰りに買うのが正解だが、21時頃名古屋駅に戻って来た時には赤福は売り切れていた。


名古屋駅からドームまで
新幹線を利用すると、乗車券は「名古屋市内」まで有効。
この日は雨だったし、あまり歩きたくなかったけれど、ケチな私たちはJRで大曽根駅まで行き、そこから約15分の徒歩コースを選択。
途中のコンビニで氷結をゲットし、ヲ友だちと乾杯しながら歩いていたら道に迷い、ドームに到着する頃には汗だっくだくでホロ酔い感ゼロ。
地下鉄を利用するか、3人とか4人とかで参戦するなら名古屋駅からタクシー利用がオススメ。


■グッズ列
私たちが到着した10時半頃、グッズ列はドームを3/4周して歩道橋まで伸びていた。
売り場を出るまで約3時間、去年の東京ドーム初日に比べたらちょろいものだが、やはり雨の日の長時間列待機はそれなりに疲れる。
東京参戦予定のヲ友だち分も頼まれていたので、予定していた物は全て買えて一安心。
ちなみに今ツアーのペンライトはかなりデカくてかさばるので、ヲ友だちの分と合わせて4個買ったら傘をさす余裕は皆無だった。


■近隣施設
ドームのすぐ横にはイオンモールがあるが、雨のせいもあって難民で溢れ返っていた。
私たちは仕方なく、駐車場の横に置かれていたカートの上に荷物を置かせてもらい、開場時間まで立ち飲み。
大曽根駅からドームに向かう途中にびっくりドンキーがあり、ドームからなら5分くらいで行けそうだが、混雑具合は不明。


ナゴヤドーム内施設
15時を少し過ぎて早々会場に入り、朝9時半名古屋駅以来の椅子に在り付いた。
もう立ち上がりたくないが、トイレとご飯は済ませたい。
さすがに開場直後のトイレはガラ空きで使いたい放題で、ドーム内の売店では限られた商品のみの販売。
新幹線の中で食べたおにぎり以降、お酒しか飲んでいなかったので、この時の焼きそばは最高に美味しかった。


ナゴヤドーム客席
ドームは東京ドームしか知らないので、全体的にこぢんまりとした印象。
ただ、天井席は5階なのね!!


■コンサート本編
私的キュンどころを3つだけ箇条書きさせて。
☆狼耳カチューシャがおでこにズルって落ちてきたみっくんの頭の小ささに悶絶。
☆衣装はうーんだけど、みっくんの指見て死ねる& say。
☆太鼓PSYCHO!!みっくんの飛び散る汗でI Scream Nightしたい。


■規制退場
スタンド席の方が出きってからアリーナ席後方より退場の案内。
場所によっては会場を出るまでにかなり時間がかかるかも。
当然、出るのが遅いほど外は混雑しているため、日帰りするなら新幹線は遅い時間ほど安心だ。
ちなみにこの日は20時より前にコンサートが終わり、アリーナ席後方から退出、来た時と同様に大曽根駅まで歩いてJRで名古屋駅まで戻ったが、名古屋駅に着いたのは前述の通り21時頃だった。


とまぁ、書き始めたら止まらなくなり、つらつらと書いてしまいました。
お天気は悪いし、疲労度ハンパなかったし、長い1日だったけれど、すごーく充実した時間を過ごすことができました。
夏が始まったよぉっ。