出会いのキセキ

Kis-My-Ft2、Snow Man、Travis Japanを応援するジャニヲタの日常( ´ ▽ ` )ノ

愛のままにわがままにヲ友だちを傷つけた話

大好きなヲ友だちを裏切り続けた私の、卑劣な言動とその葛藤について、反省の意も込めて書き留めに参りました。


時系列でご説明いたしますと、事の始まりは5/15、V6のツアー日程発表。
既に担当の概念について気持ちは揺れていましたが、ギリギリのところでまだ担当と位置付けていたので、初日の名古屋と横アリを狙おうか、とヲ友だちとザックリ話し合いました。
この時点で、1人のヲ友だちが『横アリは旅行の予定と被るかも…』と言っていて、後日旅行の予定をズラしてもらっています。
翌5/16、この日はキントレの当落が出て、8/10はEXシアターに行くことが決まりました。
そもそも8月はキスマイツアーへの参戦が決まっており、予定通りにV6の初日に当選すると、現場が続くことになります。
でもまぁ、職場もちょうど夏休みに入るし、当たるかどうかもわからないし、と気楽に考えていました。
この直後、私は梶山朝日くんを拗らせます。


6月に入り、V6ツアーの申し込みが始まりました。
6/2、その日たまたま見た占いで運勢が良かった私は『この日を応募したい!』と申し出て早々にエントリーし、残りの日程はヲ友だちに委ねることに。
そしてあと3日で締め切り、というタイミングで少年たちの日程が発表されました。
少年たちLIVEとは?しかもV6ツアーと被ってますやん。
慌ててヲ友だちに連絡すると、名古屋は申し込み済み、横アリはまだとのことだったので、私の分減らしてー!!とお願いしました。
それから数日後、些細な事がきっかけで担当卒業事件勃発。
6/18、キントレ一般発売を経て8月のEXシアター参戦日が増えます。
アイランドが決まり、申し込みの間に合ったV6横アリ公演について、当たっても私は行きませんごめんなさい、とヲ友だちに告げ、ブログを移設したのが6/20。
この時点でかなりワガママを申し上げております。


そして迎えた6/26、V6ツアー当落日。
どうにも手配が間に合わなかった名古屋を含め、ほぼ予定通りに当選していました。
ぶっちゃけると、名古屋外れてくれーって思ってた。
でもうん、名古屋は一番最初に約束したしね、うん、卒業コンサートだと思って行くよ、うん…。
ただ、どうにも気分が盛り上がらない私がいました。
遠征しなければいけない時間と費用、自分で決めたのに多忙になってしまった現場の数、もうアルバムを買う気もなく、知らない曲ばかりで過ごす担当のいないコンサート…何もかもが負の要素として襲いかかってくる。


7/4夜、名古屋に行かないという選択肢を選ばせて欲しいと申し出ました。
ひでーな!!我ながらひでーよ。
それなのに、ヲ友だちからの返信が優しくて泣けるので一部抜粋して残しとく。

言ってることはとっても分かるよー。行きたくないのにお金と時間を使うのは辛いもんね。とっても寂しいけど、無理に行っても楽しくないと思うので諦めます。もしも、名古屋に来たら少しは気持ちが戻るかなー?って甘い期待を抱いていたけど無理だったねー。朝日強し。

こんなに理解のあるヲ友だちを、ここ2ヶ月の間に何回傷つけたんだろう。
どれだけ気持ちを振り回したんだろう。
本当にサイテーだ。
しかも、昨日今日ヲ友だちになったわけではない、20年来の付き合いになる大切なヲ友だちにこんな仕打ち。
逆に言えば、気心知れてるから故の甘えだったかもしれない。
きっと許してくれるだろう、と。
もう、ごめんなさいしか言えない。


あんなに大好きだった元担当にも、V6というグループにも、こんなに気持ちがなくなるなんて5/15の私には想像できなかった。
もう事を起こしてしまったのでこれで良かったのか、私が気持ちを押し殺してせめて名古屋には行くべきだったのか、正解はわかりません。
キレイごとですが、本当にV6を応援している方が私のヲ友だちと巡り合い、名古屋の1席を埋めてくれることを祈るばかりです。


ちなみに、少年たちは自力で当選することはありませんでした。
散々ワガママを聞いてもらったので、アイランドはどこか引っかかってくれるといいのですが…当落日までに禊を済ますのは間に合わなそうな気がしています。