出会いのキセキ

Kis-My-Ft2、Snow Man、Travis Japanを応援するジャニヲタの日常( ´ ▽ ` )ノ

遠征しちゃうぞ~セキスイハイムスーパーアリーナ編~

5月に『朱鷺メッセ編』で、遠征の予定はもうありませんと書きました。
実際本当に予定はなかったのですが、お決まりのオーラス詐欺で宮城追加公演が決まり、こちらは落選したものの、横アリ公演との交換が成立したため行って参りました。
私の遠征記はただの道中備忘録ですので、コンサートレポートを求める方にはお勧めできません。


■往復の新幹線
8/27(日)17:00公演のみの参戦だったので、新潟に引き続き当日日帰りを決行。
今回は帰路の新幹線が混むだろうと予測し、新潟同様指定席発売日にみどりの窓口に並びました。
無事に往復の指定席を押さえることができましたが、帰路の指定席は発売日の午前中の内に完売していたので、ちょっと気を抜いたら取れなかった…。
これからも確実に指定席を押さえたい時は、発売日に並ぼうと心に誓いました。


■仙台は庭
長いヲタ生活の中で、一番多く遠征しているのが仙台。
よって、駅構内と駅周辺の大体の地理はインプットされていて、地図なしで歩けます。
今回、仙台に着いたのが正午近かったこともあり、新幹線改札横の牛たん通りでまず腹ごしらえしようと思いましたが、どの店舗も長蛇の列。
だったら、と予定を変更して先におみやげを購入し、バス乗り場と同じ東口にある利久本店に向かったところ、こちら待ち時間ゼロで入店できました。
過去の経験と記憶、Thank you じゃん!


セキスイハイムスーパーアリーナまでの移動手段
これがまた、仙台駅から遠いんですよね。
終演後はどうしても乗りたい新幹線のタイムリミットがあったため、ギリギリまでタクシーを手配するかシャトルバスを利用するか迷いました。
過去にレンタカーを使用したこともありましたが、結局駐車場を出るのに時間がかかったし、ガソリン満タンにして時間内に返却してという過程が慌ただしかったため、選択肢には入れませんでした。(お酒も飲めないし、というのが最重要事項)
最終的にはシャトルバスを使うことに決め、前売りチケットを購入したのは一週間前。
当日、行きは混雑する前に乗ったものの、補助席を使わされました。
帰りはWアンコールが終わり、メンバーがはけるのと同時に会場を出て、3台目くらいのバスに乗り込むことができ補助席も回避しました。


セキスイハイムスーパーアリーナ周辺と会場内設備
ここ、本当に何もありません。自販機くらい?
お手洗いの数は会場の中も外も少なく、どちらも長蛇の列でした。
日曜日は天気も良く、日差しを遮る場所も限られていたので、特に1部と2部の間はどこも人人人…な感じ。
飲み物、軽食、日傘(傘)、日焼け防止アイテムなどなど、備えあれば憂いなしです。


■コンサート本編
いつも通り、3つだけ残しておきます。
☆近くはなかったけれど、朝日くんと撃ち合いできたBang! Bang! BURN!で既に8割方満足。
☆いいね!で玉ちゃんの周りをガムシャラに踊り狂う朝日くんに、堪えきれず笑っちゃった玉ちゃんかわゆ、でも朝日くんの方がもっとかわゆ。
☆君のいる世界でリフターがアップすると、そこはみっくんのふともも鑑賞会場となり、最&高しかなかった。


■仙台の美味しいもの
お昼は利久にて牛タン定食、夜は駅まで戻ってから青葉亭で牛タン弁当を購入し、結果牛タン食べ過ぎな!!
おみやげはいつも買い過ぎてしまうので、今回は笹かまのみ購入。
配送にしたため工場直送となり、おみやげ感ゼロで月末に到着予定です。


最後にちょっとだけ語ります。
今回、自分的にとても中途半端な気持ちで過ごしたツアー期間でした。
担当はみっくんと言いながら、いざ現場に行くとずっと見ていたいのは朝日くんで、横アリでは結局どちらのうちわも持つことが出来ず、本当に中途半端。
その後キントレに入っていろいろと思うこともあり更に悩んだりもしたのですが、その時話を聞いてくれたヲ友だちと、今回一緒に入ったヲ友だちのおかげでツアー最終日は心から楽しむことができました。
そして、次にいつナマで見られるかわからない、トラジャのスパノバ。
もはやこの7人でのスパノバが見納めだったかもしれなくて、しっかり目に焼き付けたかったのですが。
一緒に入ったヲ友だち、例の件で散々迷惑をかけた20年来のV担を経てるヲ友だちで、散々悪ノリしたのが染み付いちゃってて。
もはや本家のノリで思いっきり楽しんじゃったものだから、全然トラジャのパフォーマンスに集中できなかった。
歌も全部健の声で聴こえてきたし、探せなかった←のも致し方ない。
でも、なんかそれが最終的に楽しかったーって思えたし、見逃して悔しいとかは一切ありませんでした。
少し肩の力を抜いて朝日くんを好きでいよう、このスタンスでみっくんも朝日くん(も、しょーたん)も応援していこう、と最終的に距離感がなんとなく掴めた今年のキスマイツアーでした。


心残りは、ブログを通じて知り合えた方と1人も会えなかったこと。
自分の不甲斐なさを感じます。
一方、あんなに苦手だったTwitterを通じて新たな出会いがあり、ヲタク最&高だなと思えた夏でした。
宮城の会場を出て感じた秋の気配。
ちょっぴり寂しさも感じつつ、新しい季節も楽しいことがたくさんあるといいな☆と思っています。