出会いのキセキ

Kis-My-Ft2、Snow Man、Travis Japanを応援するジャニヲタの日常( ´ ▽ ` )ノ

ジャニーズじゃないヲタ時代の話でも

8月があまりにも怒涛で整理できず、9月に入っても気持ちがずっとザワザワしている今日この頃。
いろいろあるのに運なさ過ぎやん?ってボヤきたくなっちゃうので、ちょっとジャニーズから離れたことを書いて落ち着こうと思い、需要があるかわかりませんが、某テーマパークのダンサーヲタをしていた時のことをつらつらと書き連ねております。
少し前の話なので今と違うこともあると思いますし、役に立つ情報は1つもないかもしれない上に長文なので、興味のない方はそっとブラウザを閉じてください。
でも、なるべくジャニヲタさんにも読んでもらえるように書こうと思います。←いろいろ矛盾


今から8年くらい前、当時も私はV6ヲタでしたが既に弱火期に入っていて、活動を共にするヲ友だちも1人しかいなく、いつでもヲタ卒できた頃のこと。
その頃の私が某テーマパークに遊びに行く際のスタンスは、開園から閉園までアトラクション中心にめいっぱい遊ぶアクティブ派でしたが、その日はたまたまショーパレ好きな友人と遊びに行き、それまで時間つぶし(ごめんなさい)程度にしか観たことのなかったショーを中心に巡ることに。
いろいろと巡る中、とあるショーに一際目を引くダンサーさんがいました。
もうね、すごいのよ、ドヤ顔が。(朝日くんとどっこい)
でも踊るとしなやかで、音楽をめいっぱい使ってネバって魅せるダンスに引き込まれていました。
子供向け(ごめんなさい)だと思っていたショーの内容にも感動してしまい、この日の記憶はほぼドヤ兄さんとそのショーに奪われて終了。


それから少し経って別の友人とまた遊びに行く機会があり、その時は自ら「観たい!!」と言ってそのショーに足を運びますが、ドヤ兄さん不在。(ただし、そこで2推し兄さんを発見するという、どこまでもヲタク気質)
そうか、いないこともあるねと学び、ここで当時はまだ主流?だったmixiのコミュニティーにて、ダンヲタ先輩からいろいろとご教授いただきます。
シフトチェンジは何回目のショーからとか、ドヤ兄さんと2推し兄さんのお名前と正しくお名前を知る方法、お手紙の出し方、統計によるドヤ兄さんと2推し兄さんの大体のシフト、その日のポジション(同じショーの中で、別の役やポジションで踊ることもある)を報告する裏?サイトの存在などなど…。
それを踏まえて、再度会いに行きました。(もはや『会いに行く』という表現も、そう安くない金額を支払って何度も通ってしまうのも、ヲタク過ぎてな)
すると、ドヤ兄さんおったー。(この時、2推し兄さんいたのかな?自担がいるとその他が疎かになる残念なヲタク)
そこからは、同じショーのループ&ループです。
こうしてめでたくドヤ兄さん担となったのですが、しばらくしてそのショーが終わってしまいます。
ド新規ダンヲタ、突然のピンチ。
その頃には同担のダンヲタ友だちがおり、そのヲ友だちからシーズンイベントのステージにいることを聞いた時は嬉しかったなぁ。(2推し兄さんもいた)
そして遂に決断します。


年パス買う!!


やばいですね、どの世界もハマると沼です。
それからは、ダンヲタ先輩に教えていただいた通りにお手紙を書いて出したり(ショー中に撮影した写真を封筒に貼り付け、写真のダンサーさんへと書いてパーク内のポストに投函すると切手要らずで届く)、2通ほど出したところでお返事をいただいたり(こうして正しくお名前を知る)、テーマパークの外での公演案内をいただいて足を運んだり、そうこうしている内に顔を覚えてもらったり、楽しかったド新規時代。
ちなみにお手紙の出し方をちょっと掘り下げると、お目当てのダンサーさんが写真撮影のできないショーに出演されていたり、そもそも写真なんてないよ…という場合でも、『○月○日○時の○○ショーで、○○シーンの時に右から○番目にいた男性のダンサーさんへ』などと詳しく書けば、ほぼご本人に届くようです。
役や衣装に特徴があったら、それも書くと確実度が増します。
また、お手紙がご本人に届いたとしても、全てのダンサーさんがお返事をくれたり、お名前を教えてくれたりするわけではなく、実際2推し兄さんからは1度もお返事がありませんでしたし、ヲ友だちが好きだった女性のダンサーさんからは、下のお名前のみがアルファベットで書かれたお返事が届いたそうです。
先に『パーク内のポストに投函すると切手要らずで届く』と書きましたが、もちろんテーマパークの住所を書いて切手を貼れば、普通に郵送することも可能です。
お手紙にプレゼントを同封することはできませんでしたが、出演シーンを撮影した写真のアルバムやボードは送れたので、郵送すると高くなるアイテムを送りたい場合はパーク内のポスト利用が断然お勧め。


そして、楽しいことばかりではないのもまた事実で、いざこざも多々ありました。
ショー鑑賞の場所取りで揉めたり、古参ヲタさん同士のケンカに巻き込まれたり(どっちの味方なの?って小学生みたいなヤツ)、同担拒否をされたりしたり←、明らかに私に向けた嫌味をわざと聞こえるように話されたり、仲の良かったヲ友だちと応援スタンスが合わなくなったり…。
そして毎年春になると、ダンサーさんたちにも異動があります。
同じショーに出続ける場合もあるし、別のステージに異動することも、隣のパークに異動することも、何も言わず退園することもあります。
こればかりは自分の足で確かめるか、ヲタさんたちから情報を集めるしかない、ダンヲタにとっては一番辛い時期です。
とっても仲良くなると事前に辞めることを教えてくれるダンサーさんもいたようですが、基本は言ってはいけない決まりになっているのでしょう。
元々同じショーに出ていたドヤ兄さんと2推し兄さんも、翌年には別々のショーで活躍するようになり、現場←が増えればそれだけ楽しみも増えるけれど、同じだけいざこざも増え、あんなに楽しかったド新規時代とは打って変わり段々とダンヲタを続けるのが苦痛だなと感じるようになった頃、2推し兄さんが退園され、その翌年にドヤ兄さんも退園され、私のダンヲタ生活が終わりました。
ちなみに、お2人とも退園後も多方面で活躍されており、出演される公演にもたびたび足を運んでいましたが、程なくしてみっくんを見つけてしまい現在に至ります。


余談ですが、テーマパーク内ではダンサーさんのお名前を呼んでアピールすることはできません。
パーク内でヲタ同士が会話をする時も、みんな自担を「お兄さん」「お姉さん」と呼ぶため、初めましての人がいたりすると誰の話をしているのか分からないことも。
ポジション報告のサイトでも、「K山」(みっくんのつもりで例を挙げたら朝日くんも同じやんって気付いてキャッとなったちょろいヲタク)のように伏せ字で投稿されていました。
当然うちわやカンペなどを持つこともできないため、通い詰めて顔を覚えてもらって、心で名前を叫んで、ガッツリファンサ←をもらえた時は本当に嬉しかったな。
また、外部の公演では公演後に面会できることもあり、直接ご本人とお話しできたり、一緒に写真が撮れたり、プレゼントも渡せたりして、ジャニーズとは違う距離感がより一層夢中にさせました。
今でも年に数回某テーマパークに遊びに行きますが、当時覚え知った方がまだ現役でいらっしゃるとちょっと嬉しくなります。


さて、長くなりましたがもう1つだけ。
この夏、「えっ?!」と思わず声が出てしまった件なのですが、とあるテレビ番組に2推し兄さんが映った気がしています。←曖昧
あまり詳細は書かない方がいいかなと思い、匂わせて申し訳なくもあり、もどかしくもあるのですが、まぁ今の私が録画して見るような番組なので察していただいて、「それわかるかもー!!」という方が万が一にもいらっしゃったらご一報いただけると嬉しいです。←これだけの情報じゃいないよねー


はぁ、なんかちょっと冷静を取り戻せた気がする。
文章を書くのって、気持ちが落ち着きますね。
ザワザワ解消にお付き合いいただいた方、ありがとうございました。