出会いのキセキ

Kis-My-Ft2、Snow Man、Travis Japanを応援するジャニヲタの日常( ´ ▽ ` )ノ

ケツメイシ15th Anniversary「一五の夜」~今夜だけ練乳ぶっかけますか?~に行ってきた

8/4(木)キスマイ@東京ドーム
8/5(金)キスマイ@東京ドーム
8/6(土)ケツメイシ@日産スタジアム
8/7(日)キスマイ@東京ドーム
という怒涛の週末が過ぎ、残った疲労と汗疹と共に何とか生きております。
しかも、ライブ前後の「酒盛り」も1日も欠かさなかった件。
つまり正しくは、
8/4(木)酒盛り→キスマイ@東京ドーム→酒盛り
8/5(金)酒盛り→キスマイ@東京ドーム→酒盛り
8/6(土)酒盛り→ケツメイシ@日産スタジアム→酒盛り
8/7(日)酒盛り→キスマイ@東京ドーム→酒盛り
という感じ。
もはやどっちがメインだかわからん。
そしてキスマイは毎度のことながらうまくまとめられないので、忘れない内にまずケツメのことをしたためておきます。


今回はデビュー15周年を記念して行われた1日だけのライブ。
ライブタイトルの「一五の夜」、これは「いちごのよる」と読み、ツアーグッズはイチゴをモチーフにしているものが多く、概ね練乳がぶっかかっているデザイン。
タオルだけで5種類、Tシャツも6種類(プラス、カラバリ)あって、やっぱりジャニーズとは違うよね。
この夏、キスマイのグッズ列に並ぶことは必至だったので、ケツメは事前通販を利用。
1,000円くらいの手数料で、猛暑の中並ぶこともなく自宅に届くってPSYCHO!!
実際、当日グッズ列に並んだ友人がいたのだが、炎天の下何時間も並ばされ、売り場に着いた時にはほぼ売り切れだったとか。
その日現地でしか買えないグッズもあったけれど、早々に諦めた私万歳。


セトリも事前のファン投票によって決まるというお祭り感。
しかし、1人1回限定で3曲しか投票できず、本当に聴きたい曲に投票すべきか、夏だし盛り上がる曲に投票すべきかすごく悩んだ。
聴きたい曲だって、3曲だけなんてすぐには選べない。
結局、盛り上がる曲はみんな好きだろうと他力本願し、3曲からあぶれた曲も他力本願し、やっぱりこの3曲かなっと投票したところ、他力本願した曲も含めてまるっと聴けたー♪
以下、セトリと自分のための備忘録。


■はじまりの合図(5位)←他力本願曲
■三十路ボンバイエ(15位)←他力本願曲
■夏の思い出(7位)
まずね、新横浜駅から日産スタジアムまで歩いたんだけどね、本当に暑くて席に着いてからの滝汗がハンパなかったの。
それがようやくおさまってからのこの3曲で、顔面はキスマイジェットと化したよね。
1人I Scream Night状態。


■そばにいて(17位)
■太陽(19位)
■ヤシの木のように(最新曲)
■出会いは成長の種(16位)
■君とつくる未来(13位)
■トモダチ(8位)
■ライフ イズ ビューティフル(2位)←私的3位曲
座席が2階スタンドのステージ真横(見切れ席)で、スタッフが裏から何かを用意し始めたのが見え、何かなぁと思ったら白い風船だった。
ライフ イズ ビューティフルの演出で使われ、夕暮れの空に解き放たれていく風船たちの姿が幻想的で、大好きな曲と共に大感動した。


■さらば涙(スポンサー曲)
■手紙 ~未来(9位)←他力本願曲
■仲間(18位)←他力本願曲
■涙(12位)←私的2位曲
涙はね、ライブで聴いたら必ず泣いちゃうやーつなの。
でもね、既に顔面キスマイジェット状態だから、一緒に入った友達にモノホンの涙だと信用してもらえなかった件。


■よる☆かぜ(10位)←私的1位曲
やったぁぁぁ、よる☆かぜだぁぁぁ。
以前も記事に書いたけれど、私がケツメイシを好きになったきっかけの曲。
でも、脳内剛健バージョンで盛り上がっちゃった。


■君との夏(スポンサー曲)
■花鳥風月(メンバー推薦曲)
バラード(4位)←他力本願曲
■友よ~この先もずっと…(11位)
■LOVE LOVE Summer(14位)←他力本願曲
■RHYTHM OF THE SUN(メンバー推薦曲)
しっぽり曲からのクレッシェンド感ね。
終わっちゃうーという寂しさと、早くビール飲みたーいという葛藤。
でもまだあの曲やってないし、アンコールの代わりに「もっと」を熱唱して待つ。*1


EC1■幸せをありがとう(3位)
EC2■ビールボーイ(1位)←他力本願曲
EC3■カーニバル(6位)←他力本願曲
キタキタキタキタ!!
ビールボーイからのカーニバル、PSYCHO!!
最後の力を振り絞ってタオル回したよー。
ビールボーイ歌いながらステージ上で樽ビール飲んでたケツメ兄さんたち、羨ましかったぜ。


終わってみれば、着ていたTシャツの重量感がハンパないくらいの汗をかき、普段暑い暑いと言ってかいている汗は大したことないなと思った1日。
化粧もぼろっぼろで、もはや直せる段階ではなく、メイク落としてスッピンで帰った。
翌日、これからキスマイなのに、顔と首に大量の汗疹ができててガックリ。
そんな四十路街道だけど、日々を笑って四十路に花を咲かすぞー。

*1:アンコールの掛け声の代わりに歌うのが定番